副作用は大丈夫?なた豆サプリを調査した結果

スポンサーリンク
便秘 副作用

なた豆は、副鼻腔炎や鼻炎、花粉症などのお鼻のトラブルや炎症をスッキリしたい人におすすめとなっております。
昔は漢方として利用されてきましたが、最近では、なた豆茶やサプリメントとして多くの方々に愛用されています。

しかし、副作用が気になる一つにあります。

なた豆サプリの副作用について、独自調査を行いましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

そもそもナタ豆には有毒性がある?

副作用は薬などで起こりやすいですが、なた豆サプリのような食品でも副作用は気にしなければいけません。
体質によって悪影響となる場合も考えられます。

なた豆には、カナバニンやコンカナバニンAなどが入っており、これはなた豆だけに含まれている成分となっています。
以前は、農林水産省のホームページには有毒な毒性が含まれているとして注意喚起されていたようですが、現在検索しても記事が削除されているようです。

このことから毒性といっても危険と伴うレベルではないと考えるのが妥当といえます。
もし、危険な食品とされた場合、厚生労働省からも注意喚起されるはずです。

なた豆の種類で毒性が違う?

なた豆には、大きく分けて2種類あり、赤なた豆と白なた豆です。

白と赤なた豆の違いですが、赤なた豆の方が弱い毒性があるとされております。しかし、食中毒というような毒性ではなく食べ過ぎると下痢気味になるレベルのようです。
なた豆を摂取するときは、ほとんどが体調を気遣って食べる場合だと思いますので、毒性が少ないとされている白なた豆が良いでしょう。

実際になた豆販売している方に質問したところ、「赤なた豆は毒性があるため苦みがあるが、白なた豆は毒性が少ないため苦みが少なく抵抗なく摂取しやすい」とのことでした。

 

それ以外に、水洗いや加熱などの加工方法によって毒性を抑えることができるようです。
毒性が抑えることができるのなら、赤なた豆でも安心して摂取することができますが、加工方法が気になるところです。

安心できる加工方法を求めるのなら、海外加工された商品よりも国内加工された商品の方が安心感が違います。

安心してなた豆サプリを購入する

毒性が少ない安心したなた豆サプリを購入するには、白ナタ豆を使用していて国内生産されたサプリがおすすめです。

当然のことですが、白ナタ豆で国内生産だからといって過剰摂取は吐き気や下痢などの体調不良となる原因になりかねません。
1日に適量を摂取することが最も大切といえます。

なた豆サプリを検索すると、たくさん販売されておりどれを選んだらいいのか迷ってしまうことでしょう。
当サイトでは、実際に編集スタッフも摂取しているなた豆サプリをご紹介しています。安心・安全に作られたなた豆サプリは、副作用や毒性を気にしている人にとってピッタリです。

 

ナタマメに含まれている毒性は、加熱したり水にさらしたりすることで消えてしまうため、副作用はほぼ問題なしといえるでしょう。
むしろ、薬の方が副作用がありそうです。

 

いかがでしょうか。
ナタマメには白なた豆と赤なた豆があり、毒性を気にするようなら白なた豆を使った商品をおすすめします。
また、加工においても安心感が必要なので、国内生産されたナタ豆サプリが毎日安心して食べれるといえます。

国内生産ナタ豆100%使用サプリ ビスカット
国内生産されたナタ豆を100%使用してできたサプリメント。 オーガニック製法で食の安全がしっかりと考えられています。 メイドインジャパンのナタ豆サプリで、鼻周りがスッキリです。 お試し価格で販売中。
副作用
スポンサーリンク
管理をフォローする
なた豆研究室