花粉症対策にはナタ豆茶が良いらしい!鼻ムズの私が実践している健康法

スポンサーリンク
ノンカフェインのなた豆茶 サプリメント

春や秋になると目のかゆみや鼻のムズムズで仕事や勉強に集中できなくなる花粉症に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

ここ最近では、花粉シーズンになると飛散予測も天気予報で伝えられており、花粉症患者が多いことが予想されます。

花粉症の主な症状としては、目のかゆみや充血、くしゃみに鼻水、鼻詰まりなど目や鼻に悩まされている方が多くいます。さらには下痢や微熱などの症状が現れる人もいるようで、風邪に間違えてもおかしくないような症状です。

花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎となり、ハウスダストによるアレルギー反応とは違いますが、アレルギー反応による炎症は共通のようです。

特に目のかゆみやくしゃみ、鼻水は発症すると長引くことが多いので、仕事や勉強に集中できないという時があります。

もちろん病院に行くことをオススメしますが、処方してくれる薬は眠くなりやすいので、集中力の欠如になりやすく、特に車の運転する方にとっては、飲むタイミングを考えてしまうことでしょう。

  • 病院に行って薬を処方してもらったけど、飲むタイミングが無い

このような方は、処方しただけで花粉症が落ち着くまで飲まずに我慢するという事も多いようです。

スポンサーリンク

花粉症にはナタ豆茶が良い?その期待される効果とは

花粉症への効果が期待できるとして、ナタ豆茶があります。
ナタ豆茶には抗炎症作用があるとされており、炎症などを抑制する働きがあるとされております。

ただし、薬ではないので長期間飲み続けることが大切です。薬は即効性があると思いますが、ナタ豆茶はカラダの中から体質改善されることで、症状が和らぐと考えられています。

そもそもナタ豆茶とは?

そもそもナタ豆茶とはどんなものかをご説明いたします。

ナタ豆茶の原料ナタ豆は、ナタのようなサヤで大きく育つ豆です。形は枝豆のようになっていて古くから漢方として使われていたり、福神漬の一部に含まれてきました。

そして、ナタ豆しか含まれていない成分「カナバニン」が発見されたことで、その作用を活かして歯磨き粉やナタ豆茶として加工され広く流通されています。

カナバニンとは、抗炎症作用があるとされており、お鼻周りの圧迫感の解消や口内のネバネバ、口臭予防改善があるとされています。

ナタ豆茶は安心して飲める

花粉症にお悩みであれば、毎日継続して飲み続けることが大切です。

ナタ豆茶は青汁のようなクセや苦みがなく、スッキリした飲み心地です。
愛用者の中には「スッキリしていてほうじ茶や麦茶よりも飲みやすい」という声もあるほどです。

 

また、薬は即効性は期待できるものの眠くなる事が起こりやすいといわれています。薬を飲んだことによる車の事故を起こしてしまうと後悔ばかりが残ることでしょう。

ナタ豆茶は副作用の心配も少なく、幅広い年齢層に愛されています。また、ノンカフェインとなっているので、カフェインを気にする方でも安心して飲むことができるのが大きな特長です。

ノンカフェイン飲料の中にはルイボスティーやマテ茶がありますが、海外生産なので安全性で心配が残ります。
ナタ豆茶は生産から加工まで国内生産されているところがあり、安全性にこだわっています。

ナタ豆茶は花粉症以外にも期待

ナタ豆茶は花粉症の予防や抑制として、鼻のムズムズにお悩みの方にオススメしたいお茶ですが、実は花粉症以外にも口臭、歯周病、蓄膿症、糖尿病、アレルギー症状、便秘、ダイエット効果など様々な期待があるとされています。

しかし、先ほどもお伝えしたようにナタ豆茶は薬ではありません。
継続して飲み続けることが重要となっており、体質改善することで症状が和らぐとされています。

もし、花粉症にお悩みの方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

ナタ豆茶よりも手軽にいつでも摂取できるナタ豆サプリメントもオススメです。