なた豆茶は効果なし?効果が出る時間と正しい飲み方

スポンサーリンク
なた豆サプリの効果 ダイエット

この前、知人と話していたら「なた豆茶を飲んでも効果なしでしょ?」と決めつけてしまっている方がいらっしゃいました。
試す前から決めつけてしまっているのは、考えがそこでストップしてしまうので非常に残念です。

そのような方でもなた豆茶の事を少しでも理解していただけたらという想いで執筆します。

 

私は、なた豆茶を飲み続けている愛用者です。
これまでに蓄膿症になったり、毎年の花粉症に悩まされていた私でしたが、なた豆に出会ったことで鼻周りがスッキリして仕事へ集中することができました。

この記事をご覧になっているということは、「なた豆茶は効果なしだと思うけど、本当かな?」と少しでも疑問や期待がある方が多いと思います。

そういった方へ、私の実体験も紹介しながらご紹介したいと思います。

この記事は私が書きました

なた豆なた豆研究室サイトを管理している30代の豆男です。 私は、20代の時に蓄膿症になりました。鼻詰まりや口臭などに悩まされた辛い思いは今でも忘れません。 そして30代には花粉症が悪化して、春だけでなく秋の花粉時期もくしゃみや頭痛で仕事に集中できない日々が続きました。 そんな時、なた豆との出会いが訪れました。 なた豆が鼻や口臭トラブルにおすすめという事が分かり飲み続けた結果、驚くほどスッキリすることができたのです。 そこで、もっとなた豆の事を知ってほしい!という考えから「なた豆研究室」サイトを運営しています。
スポンサーリンク

なた豆茶にはすごい効果があった!?

なた豆茶と検索すると様々な効果や効能が書かれている記事が見つかります。
そこで、ネットや本などで掲載されているなた豆の効果をまとめてみました。

  • 鼻炎
  • 蓄膿症
  • 花粉症
  • 口臭
  • 歯周病
  • 吹き出物
  • むくみ
  • 腎臓病
  • ダイエット

なた豆茶が鼻炎への効果

なた豆には、「カナバニン」と「コンカナバリンA」という、なた豆しか含まれていない成分が入っています。

この成分の特徴は、排膿作用・抗炎症作用効果があるとされております。
この作用の働きによって鼻炎などの炎症をスッキリしてくれるといわれています。

実際に私は鼻炎でした。
鼻づまりやくしゃみはいつも起こっていて、辛い日々を過ごしていました。

そんな時、なた豆茶を飲み始めてみたところ、約1週間ほどで快適に過ごせるようになったのです。
これまで辛い時間が嘘のようでした。

なた豆茶が蓄膿症への効果

こちらもなた豆しか含まれていない成分「カナバニン」と「コンカナバリンA」の働きによって鼻をスッキリ改善してくれるといわれています。

私は数年前に鼻詰まりが酷くなっていき、風邪だと思って病院にいったところ、蓄膿症と診断された経験があります。
蓄膿症は酷い場合には手術となるケースもありますが、私の場合は飲み薬で改善することができました。

蓄膿症は悪化すると膿が溜まって、臭いにおいにもなってしまい周囲にも迷惑となってしまう病気です。

鼻の形状によっても蓄膿症になりやすい人とそうでない人もいるようですが、早期発見そして早期治療が最善策となっていますが、
その予防策としてなた豆茶はオススメできます。

私の鼻の形状を診察してもらったところ「蓄膿症になりやすい形状になっている」と病院の先生から診断されてしまいました。

薬で治るのならまだ良いのですが、手術となってしまうと時間もお金もかかってしまい、仕事をしているのなら周囲にも迷惑をかけてしまいます。
それに、一番つらいのは蓄膿症になってしまった本人です。

そうならないためには蓄膿症の予防が最も大切と考えています。

蓄膿症と診断されて以降、なた豆茶を飲んでいます。
5年以上は経過していますが、これまで蓄膿症が1回も再発していません。

 

蓄膿症になりやすい私が一度も発症していないのは、なた豆茶のおかげだと思っています。

なた豆茶が花粉症への効果

なた豆に含まれている成分「コンカナバリンA」の免疫改善の働きによって、花粉症を改善してくれるといわれています。

私は2月後半から4月前半にかけて、スギによる花粉症に悩まされていました。
室内にいてもくしゃみや鼻水がひどく、仕事に集中できない時期もあるほどでした。

できることなら鼻を取り外して、水洗いしたいくらいでした。

そんなある日、知人から勧められたなた豆茶を飲み続けてみたところ、約1週間ほどで花粉症が抑制されたようで、くしゃみや鼻水が少なくなったのです。

最近では、ドラッグストアでも花粉症などのアレルギー専用鼻炎薬が販売されていますが、眠気が出てしまうものがあります。
私の場合「眠くなりにくい」と書かれた鼻炎薬でも眠くなってしまった経験があります。

薬はそんな副作用が起こる場合がありますが、なた豆茶には眠くなってしまうような副作用はありません。

これによって仕事や勉強に集中することができるようになりました。

なた豆茶が口臭への効果

なた豆に含まれている成分「カナバニン」と「コンカナバリンA」の働きによって細菌バランスを整えて、口臭予防となってくれるようです。
口臭対策で代表的なモノは「なた豆歯磨き」ではないでしょうか。

なた豆に含まれている成分によって口臭対策になる訳ですから、なた豆歯磨きではなくなた豆茶でも十分期待できます。

これも私の実体験ですが、数年前に異性から「口臭が酷いよ・・・」といわれてしまったことがあります。

その時は「前日に食べた食事のせいだ」と気にしなかったのですが、複数回言われてしまったので、

「本当に口臭が酷いんだ・・・。」ってショックでした。

 

虫歯だろうと思って歯科医院に通いましたが、改善されず・・・。

そこで、なた豆には口臭予防もあることを知ったので、飲み続けてみた結果、約1ヶ月で言われなくなり改善することができました。

なた豆茶が歯周病への効果

20代のころですが、歯科医院で「歯槽膿漏になりかけている」と診察されました。

歯槽膿漏や歯周病になってしまうと、歯が溶けてしまって最終的には全て無くなってしまうといわれています。
私の知人でも歯周病によって入れ歯となってしまった人もいるほど、恐ろしい病気です。

歯周病になってしまったら歯科医院での治療が必要ですが、予防策はあります。

それが、なた豆茶だと思っています。

私自身、歯槽膿漏になりかけているといわれたころに左の犬歯より少し奥歯を抜きました。
それも上下とも抜歯したのです。

これは歯槽膿漏になりかけている証拠だと思っています。

それから抜歯することが無くなりましたが、なた豆茶のおかげだと思っています。

なぜかというと、抜歯したころになた豆茶を飲み始めていたからです。
なた豆茶を飲むと様々な効果や効能を私に与えてくれています。

なた豆茶が吹き出物への効果

なた豆には、前にもお伝えしたように「カナバニン」と「コンカナバリンA」の働きによって抗炎症作用があるとされています。

抗炎症作用があるということは、ニキビなどの吹き出物にも効果があると感じています。

これも私の実体験ですが、20代後半に仕事からのストレスが酷い時期がありました。
そんな時、鏡で見ると疲れ切った顔、そして鼻周りや口周りにニキビが・・。

このニキビはストレスによるものと分かっていましたので、仕事を辞めない限りニキビ改善することができないだろうって諦めていました。

しかし、「前に飲んだことがあるなた豆茶なら抗炎症作用の働きによって改善してくれるかもしれない!」を気づいて、なた豆茶を作って飲み続けること約1週間。

プツプツできていたニキビは無くなり、どこにできていたのかも分からなくなるほどに改善することができました。
これでも、なた豆茶は効果なしって思えますか?

なた豆茶がむくみへの効果

なた豆の利尿効果や膿み出し効果によって、顔や脚などのむくみを改善してくれるといわれています。

飲み続けていると、むくみになりにくく朝の目覚めも良いことを体験済みです。
毎日の仕事や通勤でむくみが酷いという方、美脚を手に入れたいという方、なた豆茶でむくみ改善にはオススメです。

なた豆茶が腎臓病への効果

なた豆にはウレアーゼという成分も含まれており、腎臓などの腎機能を活性化させて、弱った腎機能を改善してくれるといわれています。
なた豆は古くから漢方としても利用されてきた食材なので、腎機能の改善にも期待できますね。

当然、腎機能低下により病院通いでは改善が難しいとは思いますが、予防としては良いのかもしれませんね。

なた豆茶がダイエットへの効果

なた豆には老廃物を排出してくれる効果もあるとされています。

なた豆茶はスッキリした味わいです。そのため食事前後でも飲みやすくなっていますので、私はなた豆茶を持ち続けて飲んでいました。

すると、便秘気味だった体でしたが、1日1回の便意となって改善することができました。
便秘からの卒業と同時にダイエットにも成功したのです。

無理せずにダイエットすることができたので、リバウンドにもなっていません。

体の体質も変えることができたので、おすすめのダイエット方法になります。

なた豆茶を飲み続けて効果があった方々の口コミ

ここでは、なた豆茶を飲み続けて効果があった人の口コミを集めてみました。
私の信頼ある知人や友人からの口コミとなっています。

なた豆茶で口臭予防に効果があった40代の口コミ

30代までは口臭など気にもしなかったのですが、40代になると自分でも少し気づく程度の口臭が・・。
虫歯になっているところも無いので、おそらく加齢によるものだと思います。
自分でも気づく口臭ってことは、周囲には大迷惑となっているに違いない!と感じてしまい口数が減ってしまいました。

そんな時、紹介されたなた豆茶の効果・効能を確認したところ「口臭」と書かれていたので早速試してみることにしました。
なた豆茶は口臭以外にもダイエットやむくみ改善にも良いようですので、「なた豆茶=口臭が酷い人が利用している」というイメージが無く周囲にも気づかれにくいので良かったです。

それに、様々な効果があるので一石二鳥ですね。

飲み続けて約1週間、口内が改善されたようで朝起きた時の嫌な口内を感じることが少なくなりました。
そして、自分でも口臭が気づきにくい!

これで口臭を気にすることなく話すことができるように戻りました!

なた豆茶で蓄膿症に効果があった50代口コミ

花粉症になってしまって流れるような鼻水。そして鼻詰まりに悩んでいました。
よく考えてみると、片方の鼻だけ鼻詰まりとなっていましたが、花粉症の薬をもらいに病院で診てもらったところ蓄膿症という結果でした。

幸いにも手術はしないで薬での治療となりましたが、定期的な通院などで時間もかかり「もっと早く気づいていれば・・・」って後悔でした。

治りかけの時期になた豆茶に出会いました。

飲んでみると、スッキリした飲み心地で苦みや雑味が一切無いので、飲み続けることができる!と思えたお茶でした。

続けられると思って、早速購入。飲み続ければ飲み続けるほど、鼻がスッキリ通るようになってきました。

薬も飲んでいましたが、改善のスピードに違いを感じました。

今では、完治していますが、蓄膿症予防として飲み続けています。

なた豆茶でダイエットできた30代口コミ

20代のころは気にしなかったのですが、30代になるとお腹周りにブヨブヨしたお肉がついてしまい、少ない食事制限しても全くダイエット改善することができませんでした。

そんな時、なた豆茶でダイエット効果と聞いたので、早速試してみることにしました。
なた豆茶を飲み続けてみると、4日ほど便意が無かった私が2日に1回となり、今では1日1回は必ず便意が起こるようになりました。

このなた豆茶を飲み続けて1ヶ月、なんと5キロの減量に成功することができたのです。

これまで、何度も失敗してきたダイエット。なた豆茶の効果は大きいです。

なた豆茶が効果なしだった人の原因

なた豆茶を飲んで効果なしだったという人も中にはいます。

なた豆茶は薬ではないので、相性は当然あります。これはなた豆だからという訳ではなく、他の食品に例えても効果なしというケースでも考えられます。
そこで、なた豆茶がなぜ効果なしだったのかをいろんな角度から考えてみると、いろんな要因が考えられました。

なた豆茶を飲む頻度が少ないと効果なし?

なた豆茶を飲む頻度が明らかに少ない場合には、効果なしという場合が考えられるでしょう。
人によって体質などが異なるため「必ず●杯飲むこと」という事ではありませんが、私は毎日朝昼晩の3杯は必ず飲んでいます。

特になた豆茶を飲むことを忘れがちの人は、食事と一緒に飲むようにするだけで毎日欠かさずに飲むことができると思います。

なた豆茶を薄めて飲むと効果なし?

私が飲んでいるなた豆茶は、1リットルに1パックのなた豆茶を入れて麦茶のように冷蔵庫で保存して飲んでいます。
効果なしという方の声を聞くと「もったいないから薄めて飲んでいた」という人もいたようです。

薄めて飲むと、なた豆成分も薄まってしまうため、効果なしという可能性も考えられると思います。

煮出して作る場合などは、使用方法に従って作るようにしましょう。

なた豆茶よりも効果的なモノがある?

私が実践した方法をご覧になっている方だけに特別にご紹介したいと思います。

この方法をしてから蓄膿症はなっていなく、花粉症も落ち着いて生活することができています。
薬ではないので、全ての人に効果という訳ではないと思いますが、お悩みの方はぜひ挑戦していただきたい方法です。

なた豆茶は煮出して作る手間がかかります。

これって正直面倒くさいんですよね。
体調が悪いのに、煮出して作る時間がもったいないって思っちゃうんです。

 

そこで、なた豆サプリメントがオススメです。

なた豆サプリは、なた豆の成分が詰まっているので、なた豆茶を飲むのと同等と考えています。
出勤時の電車や仕事中にも手軽に飲むことができるのは、非常に便利です。

最近では各社からなた豆サプリが販売されていますが、私が調査したところビスカットが国内生産で安心、そして安全に食べれると感じました。
成分も不要な添加物は一切入っていないので、なた豆そのものを食べているような感覚です。

各社、なた豆サプリの比較については、以前の記事「なた豆サプリ5選!買って得するポイントとは?」をご覧ください。
ビスカット公式サイト