花粉症に効果ある?じゃばらを食べている村では花粉症が少ないと驚きの事実

スポンサーリンク
じゃばらは北山村 花粉症

花粉症のシーズンでくしゃみや目のかゆみが止まらない!とお悩みの方が多いのではないでしょうか。
そんなお悩みの方に朗報です。

花粉症のシーズンなのに、花粉症になっている人が少ない村があります。

テレビのインタビューで村の住人に取材すると、ほとんどの方が「花粉症ではありません」「花粉症になったことがない」「花粉症の辛さを知らない」という方が圧倒的に多いのです。

それは、和歌山県にある北山村。

北山村は日本全国で唯一、飛び地になっている村で和歌山県なのに、三重県と奈良県に囲まれている村なのです。その不思議な村で、スギが多い山間部なのに花粉症になっている人が少ないのです。

その理由を調べてみると、どうやら「じゃばら」という果物がカギになっているよう。

スポンサーリンク

じゃばらとは?

テレビでも放送されましたが、花粉症の抑制に効果を発揮してくれるとされている「ナリルチン」という成分が「じゃばら」という果物には豊富に含まれていて、村の住人はそれによって花粉症になっている人が少ないということらしいのです。

 

この「じゃばら」ですが、酸味がある柑橘類で北山村だけしか栽培されていない貴重な果物です。
昔は門外不出とされていたようで、村全体で大切に守られてきました。

今ではテレビ放送された途端、じゃばらを買い求めてくるお客さんで賑やかになっているそうで、売り切れ必至になることでしょう。

 

花粉症の人はじゃばらを手に入れたい!って思いますが、すでにテレビなどで放送されている時点で人気急上昇となって購入することは難しい可能性があります。

じゃあ「ナリルチンが多く含まれている代わりの食材を摂取すればいいのかも」っていうところで、じゃばら相当の含まれている食材を探してみましたが、同等含まれている食材は見つけることができませんでした。

 

花粉症にお悩みの方、じゃばらも良いと思いますが「なた豆サプリ」もオススメですよ。
詳しくは、なた豆サプリ5選をご覧ください。